書評

やせる? ダイエット? 強烈・衝撃 痩せない豚は幻想を捨てろ 書評

今回は「痩せない豚は幻想を捨てろ」をご紹介致します。

最近太ってきたなと思ったあなた、

健康診断で引っ掛かり、痩せなきゃとおもったあなた

この本ではその解決策を提案してくれます。

 

その答えは・・・

自分の頭で考えて実行できるダイエットをしなさい。

そして、一番大事なことは継続できることを行うこと

 

テキーラ村上

一応ブロガー(もっと色々やっている方で肩書が多すぎるため、便宜上左記を書きます。)

最近SNSではダイエットやボディメイクを専門とする人のアカウントが溢れていますが、ツイッターのフォロワー数が22万人超え(2020年5月現在)と圧倒的支持を得ています!

文面はドSで厳しいけど、痩せたい人なら「ハッ」としてしまうツイートばかり!

ブログも開設後すぐに月間100万PVを突破。

ブログと同名の著書「痩せない豚は幻想を捨てろ」は、発売から5日で5万部を突破し、大きな話題となりました。

日本で最もデブを葬り去った人と言うだけあって、ツイッターには「テキ村式ダイエットで痩せた!」という人が多数。

この本もブログのまとめだろうと言われていますが、

別物といっていいないようです。

 

書評

この本は大きく4章構成で書かれていますが、その前に読んでほしいのが

上にも書きましたが、

ブログをまとめたようなものではなく、まったく新しいといっていい内容です。

まず、初めに色々な方が言っているように、
この本の初めでもこう書かれています。
俺の体験に基づく実に泥臭い
ダイエットのリアル
と書かれており、既存の様々なダイエットの経験を基づくものが書かれており、
本によくある、新しい方法などの提案は書いてないです。
ただ、この本の恐ろしいところはそこにこそあり
新しいものが書いていない本は読む価値がないと思った
デブを極めし者こそ読むべき本だと書かれています。
この本にはあくまでも筆者が体験したことしか書かれていないとい、最大の経験則に基づく内容が書かれています。決して共感など求めず、おのれの感情のままに書かれた内容は逆に共感を呼ぶというとんでもない内容です。
ちなみに4章構成のうち、私がおもしろかった、前半の1、2章を中心にご紹介したいと思います。

1章はデブメンタルを脱する方法

ここでは、思考停止デブは、一生痩せない、と本書で書かれているとおり、
飲むだけで痩せる・ごっそり出るドリンク・スクワット100回分の効果という広告をみて
もう難しいことは考えたくない
または楽したい
このような思考停止をしている時点で
ダイエットは始まってすらいない!!!と書いてあります。
ダイエットは体に汗をかくこと、そして頭で汗をかくことから始まる
自分で様々なダイエットから考えて、自分に合う、続けられるダイエットをさがすことから始まり、それをどうやって続けられるか
自分で考えて初めてダイエットがはじまることが書かれています。
次にダイエットのモチベーションを確実に維持する方法として
痩せたいと食べたいの葛藤が書かれています。
食べたい気持ちが勝ってしまうのは、意思が弱いからではなく
目的が明確ではないからと書かれています。
その目的も後戻りできないくらいの目標がいいと書かれています。
例えば、痩せたら、高級なピンヒールの靴を買うときめるだけの目標では弱く
もう先に買ってしまい、痩せなければ、この高級な靴が無駄になるくらい追い込むこととありました。
そして、永遠に終わらない〇〇ダイエットvs〇〇ダイエットの戦いとあり、
たとえば、糖質は取らないほうがいいvsいや糖質はとるべきだということや
脂質はとってはいけないvs脂質はとるべきだ
糖質offダイエットvs脂質offダイエットのような戦いまで
このような、何が良い悪いという戦いは無意味であり、
あくまでも個人個人にそれぞれあったダイエット法があるとしています。
極論ですが、
御飯はどうしても食べたいという人は脂質ダイエットを
脂質を抑えるのは無理という人は脂質ダイエットをすればよく、
筆者は言います、あくまでも、ダイエットで大事なことは継続である。
をかいてあります。

2章はテキ村式ダイエット(食)

ダイエット方法はいろいろな紹介もされていますが、
テキ村式ダイエットとして4つ書かれています。
1、食事制限(特に炭水化物)を減らして摂取カロリーを抑えること
2、中でもたんぱく質を豊富に食べること
3、筋トレまたは有酸素運動(またはその両方)をすること
4、そしてそれらを自分の頭で考え、組み合わせ、自分なりにアレンジすること
このことを当たり前だと思った、あなた、気を付けてくださいそれが危険です。
テキ村式ダイエットによれば、手法は重要なポイントではない
あくまでも自分で情報を取捨選択するメンタリティがもっとも重要であると書かれています。
食事制限については
糖質制限または、脂質制限を上げています。
具体的には糖質制限であるならば
炭水化物を減らしタンパク質を増やすこと
パンや麺を減らし、肉や魚を増やすこと
炭水化物は糖質と食物繊維からできています。
糖質を摂取することで、血液の血糖値が上昇し、インスリンが分泌されます。
これは、血糖値を抑えるために糖を脂肪に変えようというシステムが働くのです。
これを避けるために、炭水化物を抑えたいのですが、
具体的には1日で男性で120g、女性100g、以下にすること白米御飯茶碗2杯程度におさえることがあげられています。
さて、一方でタンパク質を多くとることがあげられています。
なぜかというと、タンパク質は筋肉を構成する物質です。
タンパク質が不足すると筋肉が減り基礎代謝が減り、太りやすくなってしまいます。
これを避けるためにタンパク質を摂取しましょう。
具体的には体重1Kgあたり1、5gが目安だそうです。
50Kgの人は1日75gが目安になります。
脂質制限ダイエットについてもかかれています。
その方法は脂質にかかわるものはほぼ全カットです。
肉の脂身も、ジューシーなソーセージやお肉も当然×、ダメです。
ちなみに、脂質を制限してやせるのは、脂質が高カロリーだからに尽きます。
炭水化物やタンパク質が1gあたり4kcalに対して、脂質はその倍以上、1gあたり9kcalもあるからです。
脂質を減らして、全体のカロリーを減らす手段をとることです。
ちなみに筆者は糖質制限をどちらかといえば押していました。
この本でも具体的な消費カロリーについて書かれています。細かく読みたい人にもおすすめです。

プロテインなしのダイエットはハードモード

プロテインとはタンパク質のこと
タンパク質は筋肉を作る栄養素です。
これがなくなると筋肉が衰えていきます。
現代人はただでさえ、タンパク質が足らないといわれている中で、ダイエットをすると余計タンパク質が不足していきます。
ちなみに、必要なタンパク質でいうと、体重50Kgの人は75グラムのタンパク質摂取がひつようです。これは、魚400g相当に匹敵します。
こんなに魚を食べることができれでしょうか、他のものを併用すればといいますが、これがなかなか難しいのです。
そのため、この補助のためにプロテインを摂取することを提案されています。
プロテインは一杯で15g前後のタンパク質を摂取できます。
ちなみに、プロテインにも当然カロリーがあります。あくまでも、食事制限をしたうえで、栄養補助としてプロテインを飲むようにしましょう。
普通の食事に足すと簡単にカロリーオーバーをしてしまいます。
気を付けたほうがよさそうです。

便秘の問題

次の問題が便秘です。

炭水化物には食物繊維が含まれており、この摂取を減らすと便秘の原因になります。

そのため、食事制限にはタンパク質も大事ですが、食物繊維も取りましょう。

できれば、野菜を増やすことや、足りなければサプリなども併用して気を付けていきましょう。

野菜ジュースでもいいのですが、糖質が多いため、あまりおすすめはできません。便通だけの対応でよければ、今コンビニにも売っているヨーグルトドリンクでもokです。

水を飲まないダイエッターは万死に値する

水を減らすと血流を阻害する要因になります。

そうすると栄養が体中にいきわたりづらくなり、かえって太りやすくなります。

できれば、1日で水を2L前後飲むとよいそうですので、摂取するようにしていきましょう。

以上になります。

この後、さらに
3章はテキ村式ダイエット道 (動)
4章は体型別デブ攻略編
まとめ
と続きますので、ダイエットについて真剣に考え目覚めたあなたには、ぜひ続きを含む
本編を改めて読んでみてください。

まとめ

今回の書評では一部を紹介させていただきました。

ポイントは5つになるのでしょうか

1、メンタルについて、自分で考えてダイエットをはじめましょう。

2、食事は糖質制限、または脂質制限を選択して自分に合うほうをためしましょう。なによりも継続してやることです。

3、プロテインでタンパク質を補給すること

4、食物繊維で便秘改善

5、ダイエット中はきちんと水を飲みましょうです。

 

この本を読んでダイエットに成功し、豚からの脱出をともに目指しましょう。

それではノシ

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA