書評

両学長 リベ大 自由 未来 本当の自由を手に入れる お金の大学 書評 投資

今回は「本当の自由を手に入れる お金の大学」をご紹介いたします。

あなたは、お金が欲しいと思ったことはありませんか?

経済的に自由を手に入れたいと思ったことはありませんか?

その原則を知っていますか?

この本ではそれを非常にわかりやすく教えてくれています。

 

この本の結論は生活費より多くの資産所得を作りましょう。

ということです。

シンプルですが、非常に大事なことです。

これは、より具体的に5つの力という形で教えてくれるのが、この本です。

 

作者紹介

両@リベ大学長 氏

日本一自由な会社の社長

ただ、こちらよりもYouTuberとしてのほうがご存じかもしれません。

お金というよりは、経済的な自由について、生き方などを教えてくれる方です。

本の書評

この本では経済的自由はどうしたら手に入るのか?

という悩みを持つ方に向けて書かれた本です。

特に、この本ではお金というテーマに重点をおいて書かれています。

ここから今回は4つの点を特にピックアップしてご紹介いたします。

1、大原則は生活費より資産所得を多くすること

この本ではお金を増やすことについて書かれています。

その中で、まず経済的自由とはどんな状態をしることから始まります。

経済的自由とは

仕事をしなくていい状態、お金に困っていない状態でもありますが、

生活にかかるお金より、別の収入源(資産所得)の方が多くなることを定義にしています。

極端なことですが、

資産所得が月1万円あれば、水道光熱費を賄える

資産所得が月3万円あれば、食費が賄える

資産所得が月7万円あれば、家賃が賄える

このことであり、生活費を減らし、資産所得を増やすことを表しています。

では具体的にどうするか?

これは、両学長が提唱している5つの力を身に着けることです。

1、貯める

⇒固定費の削減や節税をし、生活の満足度を下げずに支出を減らすこと

2、稼ぐ

⇒給与所得や事業所得で十分な収入を得る

3、増やす

⇒不動産投資や配当・利子などの投資で資産を増やす

4、守る

⇒詐欺やぼったくりにきをつけながら、節税して資産を守る

5、使う

⇒人生の満足度が高まるようなお金の使い方をすること

この5つの力を身に着け、強化することが大事です。

この考えはとてもすごく、世界的なベストセラー作家ロバート・G・アレン氏も同じようなことをとなえ、

バビロンの大富豪という名著にもそれに通じる考えが載っていました。

両学長が唱えているものはわかりやすく、具体的に実行できることがすごいです。

この考えは素直に感銘を受けました。

ここからは、そのうちの最初に行う3つのことを開設したいと思います。

 

2、貯めるためには減らさなければいけない

生活費より資産所得を多くすることが大事なことです。

その中で、貯める力とは

生活の満足度を下げる支出を減らす力のことです。

この貯める力を持つことにより、資産が増えるスピードを加速度的に増やせます。

貯める力がなぜ、最初に紹介されているか

それは、今すぐ成果が出せるからです。

さて、基本の確認です。

生活費より資産所得を増やすことが大事ですが、どうするか

それは、資産所得を増やすことよりも、生活費を減らすことが簡単で早いからです。

だから、まずは支出を減らしましょう。

具体的には3つのポイントがあります。

1、1回の支出ではなく、固定費を見直すこと

効率よく支出を減らすためには、毎月かかり続ける固定費を減らすことです。

極論ですが、

月5000円かけている固定費は年間で6万円の支出になります。

これを減らすことが大事です。

2、金額が大きな支出から見直す

金額が小さな支出より、金額が大きな支出を減らすことが効果的です。

例えば、スーパーで食費を安く抑えること、これも大事ですが、

ローンなどの大きな支出を見直すことが効果的であるということです。

この本ではこの2つを踏まえ、6つの部分の費用を見直すことを提唱しています。

それは、通信費、保険、光熱費、家、車、税金の6つです。

これらの固定費は見直ししやすいですのでぜひ検討してみてください。

例えば、通信費を携帯電話を大手キャリアから格安SIMに見直すことや

税金ではふるさと納税を活用してみること

など、結構いろいろあります。ぜひ検討してみてください。

3、稼ぐには給与所得と事業所得を増やすこと

さて、次は稼ぐ力の解説です。

先ほど生活費を減らすことを見てきましたが、

今度は、資産所得を増やすことです。

確認ですが、生活費を減らすにも限界があります。

そのために、次のステップ資産を増やすことをしていきましょう。

稼ぐ力とは資産所得を増やすことです。

お金があれば、資産を買って増やすことができますが、

その金額が少なければ、小さな資産しか買えず、増える速度も遅いです。

生活費を減らして、そのお金で資産を買うことで、小さな資産を複数買うことから始めること

あるいは、お金をためて、大きな資産を一気に買うことも大事です。

 

稼ぐ力を身に着けるために、収入を知りましょう。

収入は給与所得と事業所得に分けられます。

給与所得

⇒いわゆるお給料のこと、時間と引き換えにお金が得られる。毎月決まった金額が得られるので、安定性が高いです。

事業所得

⇒今では副業の収入といったほうがわかりやすいかもしれません。給与所得より安定性はないのですが、成長性があるのと、税金のコントロールができることが魅力です。

目指すべきことはこの2つの成長です。

安定性のある、給与所得で足場を固めつつ、成長性の事業所得で資産を変える準備をすることが理想ですね。

事業所得を増やす手段ですが、両学長はこんなことを言っています。

事業所得を増やすには最初はサラリーマンのまま、スモールビジネスをスタートさせることがおすすめだそうです。

スモールビジネスはここでは副業ということを1つの例とさえてもらいますが、

簡単な副業を行い、そこで得たお金をため、資産を買うことがポイントと考えてください。

副業は当ブログでも提案しているDMM FXは初心者向け
でおすすめですし、

ブログで稼ぐ初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net
でもよいと思います。

ここでは、

給与所得の安定性×事業所得の成長性×節税効果で

最強の稼ぐ力を作りましょう!!

ということでテーマです。

4、増やすにはどうしても準備がいること

給与所得と事業所得の両輪が稼ぐ力のポイントでしたが、

今度は増やす力の話になります。

生活費より資産所得を増やすことですが、

生活費を減らす

先ほどは資産所得を増やすための2つの所得の話をしましたが、

これだけでは不十分です。

2つの所得の欠点は働くことをやめると0になるリスクがあるからです。

だからこそ、増やす力が大事です。

増やす力は簡単にいうと投資のことです。

この本では投資を5上げており、

株式、債券、不動産、コモディティ、預金の5つになります。

これを選択して初めていくのですが、

その前に大事な話になります。

投資を始める前に大事なこと、

あらゆる人が挙げているかもしれませんが、

生活防衛資金を確保してから、始めてください。

生活防衛資金とは何かあった時の預金のことを指しています。

あまり書きたくないのですが、会社のリストラ、病気、不慮の事故など、人生何がわるかわかりません。その中で、給料の3~6か月程度の預金は最低限持っておきましょう。

これを生活防衛資金と言います。

さらにいうと、投資するお金と、生活防衛資金、そして、貯金は別にしましょうね。

投資にすべてのお金をささげる人がたまにいますが、絶対にダメです。

あくまでも投資は、余剰の資金で行いましょう。

何かあってからでは手遅れになりますから。

そのため、生活防衛資金を使ってから、

株式を始めとする投資を行い、お金に働いてもらうことを増やす力と定義づけています。

準備が整ったら、ぜひ始めてみましょう。

まとめ

まずは、経済的自由をしり、必要な5つの力を勉強しましょう。

そのうえで、

固定費を見直すこと

副業を始めてみること

生活を守る預金を作ってから、投資にチャレンジをしましょう。

とても、極論ですが、これが、まとめです。

今ある価値観、生活、一歩飛び出して、経済的自由をつかみに行きましょう。

余談ですが、私も両学長のYouTube動画を参考に楽天証券でインデックス投資を始めました。もちろん両学長のみの参考ではないですが、やはりすごくわかりやすいのが特徴だと思います。

この本もカラー、見やすい、わかりやすいと3拍子そろっています。

ぜひお試しください。

それではノシ





写真素材|無料素材のフリーダウンロードサイト【写真AC】を写真ACでチェック!

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA