書評

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え 書評

今回は「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」をご紹介致します。

あなたは、投資でうまくいく方法を知っていますか?
自由に生きるために投資という手段があることをご存じでしょうか?
今回は投資というものを用いて、自由に生きるための手段を教えてくれる本をご紹介致します。
さて、自由に生きるための秘訣ですが、
投資の活用であるのは当然なのですが、
その方法が具体的です。
借金をしないこと
正しい考え方に基づきお金を使うこと
銘柄を使い分けて、投資を増やすやり方と投資を終えるやり方を理解すること
投資はあくまでもシンプルイズベストに行うこと
これが、自由に生きるための秘訣であり、投資の活用になります。
何を言っているのか分かったあなたも、わからなかったあなたもぜひ一読してみてください。
この本で伝えたい自由に生きるための手段をきっと学び理解することができると思います。

作者紹介

ジェイエル・コリンズ(JL Collins) 氏 作者

ファイナンシャル・ブロガー(ブログ「jlcollinsnh.com」主催)。
1975年から投資を行っている個人投資家。何度も転職する中で、収入の範囲内で生活するようになり、気がつけば夫婦どちらも働かなくても暮らせるようになっていた。実践したのはシンプルな投資だけ。収入の半分を投資、借金をしない、バンガード創業者ジャック・ボーグルの教えに従ってインデックスファンドに投資する。これだけで経済的自由を手に入れた。
2011年、娘宛てに「お金と投資」についての手紙をしたためる。その内容をブログに発表すると、世界中から注目されるようになる。

小野一郎(おの・いちろう) 氏

1955年生まれ。東京大学卒業。日本興業銀行等を経て現在、外資系企業勤務。訳書に『マーケットの魔術師 エッセンシャル版』『株で富を築くバフェットの法則[最新版]』『ビル・ミラーの株式投資戦略』『バフェット投資の王道』(共にダイヤモンド社)などがある。

本の内容

・たった1つに投資するだけ!
・うまい話や勧誘に騙されなくなる!
・人生の選択肢が増える
・価値観が変わり、賢い生活ができるようになる

全米の大人気の投資法!
貯蓄+投資+簡素なライフスタイルで、お金よりも貴重な「自由」が手に入る

お金の使い方をマスターすれば、少ない出費で生活できるようになる。
そして、賢い投資をすれば、複利の効果で、知らない間に大きな資産ができている。
とても簡単だけど、誰も教えてくれない「投資と人生」の秘訣を娘ジェシカに書いた本書は、誰でも理解できる平易な内容。豊かなで自由な生活を送るための必読書です。

「会社に縛られないお金」を持って
自由に生きよう!

私は苦労して得たことを娘に伝えたくて、娘への手紙を書きました。
何がうまくいくか、どこに宝物が眠っているか、
そして、それを見つけることがどんなにシンプルであるか、
またシンプルであるべきか。
娘が平坦な道を踏み外すことなく歩んで、
経済的な自由を早く楽に実現できることを願っていました。
この本を手に取ってくれたあなたにも同じことを願っています。
ここに書いたガイドラインをこれからたどっていきます。
さあ、始めましょう。 (本文より)

使い方をマスターすれば、お金は忠実な部下になる!
でも、うまくやれないと、逆にあなたがお金に使われる!

◎収入の範囲で消費する。借金はしない
◎投資アドバイザーは近づけない
◎どんな決断でも、経済的なインパクトを考える
◎健全な投資は複雑ではない
◎投資額の4%で1年を暮らせれば、経済的に自立できる

この本は本当にわかりやすく投資に必要なことのすべてが詰まっているといっても過言ではない一冊になります。

書評

この本は米国株式を用いて資産を気づくための素晴らしい手段を訴える本です。

また、その中には、投資のあり方や考え方について、こちらは米国株に限らず、どの投資法でも通用するといっても過言ではない考え方が載っている本でもあります。

この本のポイントを4つ紹介致します。

1、借金をしないこと

2、お金には正しい考え方がある

3、投資の錯覚に気づくことが第一歩

4、投資はシンプルイズベスト

それではこの4つのポイントを順にご紹介していきたいと思います。

1、借金をしないこと

これは、ある意味当たり前のことかもしれません。

知っている人はある程度の借金もビジネスに必要かもしれないことを言うかもしれません。

この本においては、借金は可能な限り避けるべきこととしてあげられています。

この本では経済的に自由に生きるためのことを教えてくれる本です。

その中で、3つのことを教えてくれています。

1、支出は稼ぎより少なくす

2、余ったお金は投資をする

3、借金をしない

この3つです。

よくある、お金の話です。収入を増やし、支出を減らすことは大原則であることがここからも読み取れます。

注目すべきは借金をしないこの部分です。

この本では、冒頭にあるいは所々で借金はしないということが書かれています。

作者曰く、

経済的自由になれない最大の理由が借入金!!と書かれています。

ちなみに少しの借金もNO!!です。

借金の問題をこう解説しています。

借入金があると、収入の大部分を利息の支払いに使われる

人生の選択の幅に大きな制限を受ける

感情的や心理的にストレスを与える

 

借金をしている場合の対応

もし、借金している場合、その金利の金額で、その対応を提示してくれています。

A、もし借金の金利が3%未満であった場合

⇒返済を焦らず、余剰分を投資に回してもいい

B、金利3~5%であった場合

⇒返済、投資、どちらでもOK

C、金利が5%以上であった場合

⇒、即刻返済しろ!!!

と書かれています。

この本ではいい借入金というものはないと書かれています。

借金はしないことが大事であることを教えてくれます。

2、お金には正しい考え方がある

作者はお金について正しい考え方を教えてくれます。

1、お金は使うだけのものではない

お金でどんなことができるかを考えてみましょう。

例えば1万円あったとした場合の選択肢です。

A、1万円で高級レストランにいくことができる、素晴らしい靴が買える。

B、1万円で投資ができる

C、1万円で投資ができ、その利息で買い物をし、元本である1万円はそのまま投資をする

D、投資を存分に行い、複利の効果が出てからお金を使う

このABCDで何が言いたいのかというと

Aでお金を使って終わりにするのではなく、投資を通じてお金を増やし継続的にお金が入るようにし、そのお金を使うことで生活ができれば、あなたの生活は豊かになると教えてくれます。

2、機会損失を考えよう

この機会損失とは、儲けられる機会を失ったことを表します。

投資をせず、何かにお金を使ってしまった場合を考えてみましょう。

例えば150万円の車を買ってしまったとしましょう。

その150万円はそこで終わりですが、

もし150万円を投資に回し複利で増やすことができれば、車を何台も買うことができるお金を作ることができる。

このお金の使い方には大きな差があります。

これを知っているか、ここまで考えているかで人生は大きく変わると思います。

3、投資について考える

投資について考え方を変えることもこの本では教えてくれます。

一般的に投資はお金を投資していると考えます。これはたぶん当たり前です。

ただ、この本では違います。

投資は事業を所有していると考えるべきだと教えてくれます。

この事業を所有しているとは、ウォーレンバフェットも言っていたようなのですが、

株式投資をしている場合、少なからず、その企業を一部所有していることになります。

株価が下がったとしても、それは、企業とは関係なく、もし有望な事業を行い、きちんとした経営を行っているとすれば、株価が下がることは全く関係ないとのことです。

これは、安易に株価に惑わされるのではなく、その企業の本質、経営などのもっと大事な部分を見ることを伝えているのです。

ここで3つの考えをお伝えしました。この1~3を順に理解することで、お金について正しい考えを身に着けることができます。

まずは、この考えをしっかりと理解しましょう。

3、投資の錯覚に気づくことが第一歩

よくあるのですが、

投資を始めたいけど始められないという人がいます。

なぜ、始められないのか?

これは、怖いからだと思います。

投資で失敗をしたらどうしよう、これが最大の原因だと思います。

では、これをどう回避するべきなのか

これは、投資を知り、失敗を知ることで回避できるとしています。

 

さて、失敗を回避するためにはどうするべきか?具体的にどうするべきか、色々あるのですが、ここでは2つご紹介致します。

1、優れた個別株式の銘柄を見分けられると信じている、これが嘘であることを理解する。

⇒どんな人でも儲かる株式を見極めることはできないそうです。

2、泡に集中してしまう

⇒これはビールの泡に目が行くことを指しています。ビールも泡が遮りビール本体が見えにくいことがあります。株式も一緒です。

この株をビールで例えた話は面白く、ビール本体の液体の部分は事業を指しています。ただ、泡の部分は株価を指しており、常に膨らんでは消えを繰り返し、際限なく変わります。

株式投資で重要なことは、本体の事業の部分です。株価はあくまでも結果の発露であり、そこではなく、持っている株の会社の事業が大丈夫か?きちんと経営をしているかがあくまでもポイントです。

だからこそ、錯覚に陥らないこと、つまり株価に気をひかれず、本来の事業に目を向け、会社そのものを見るようにしましょうという大事なことを教えてくれます。

4、投資はシンプルイズベスト

株式投資で大事なことは錯覚に陥らないことと書かれていました。

この本で作者が伝えたいことの一つを最後にお伝えします。

それは

投資はシンプルに行け!!です。

投資が複雑になるほど、利益が少なくなるそうです。

では、シンプルな投資とは何か、こう考えようと教えてくれます。

1、今の自分は投資のどの段階にいるのか?資産を積み上げる時期なのか、資産を維持保全する時期なのか、そのミックスなのか?

2、どこまでリスクを受け入れられるか?

3、投資のスパンは長期か、短期か?

この3つの考えをはっきりすることで、あなたのポートフォリオを組むための基礎が出来上がります。これが決めずに投資をするのはもったいないというか危険です。

その上で、それができたあなたにこの本でお勧めなのが、VTSAXです。

VTSAXとは、バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックスファンドのことです。これは1975年にジャックバンガードさんが考えた投資のユニークな商品となります。

バンガードは基本的にお客様が保有する投資商品なのですが、このVTSAXとは手数料が安く投資成績もよい投資商品になるそうです。

これを保有して投資を少しでもうまく成功させていきましょう。ということを教えてくれます。

VTSAXは米国株式のインデックスファンドであるため、これを使ってシンプルに投資をしましょう。ということだそうです。

まとめ

一部投資のことがあるため、わかりやすく書いたつもりですが、この本のまとめはいかになると思います。

1、借金はしないこと

2、お金に対して考え方を知りましょう。

3、株の価格に惑わされず、事業内容に目を向け、良い事業をしている企業の保有、株を買いましょう。

4、投資をシンプルに行いましょう。上の信頼できる企業を買うもよし、この本ではアメリカ全体を網羅している投資信託を買うもよし、シンプルな投資を実践していきましょう。

これが自由に生きるための教えなのだそうです。

とても、身につまされる内容です。

私も積み立て投資を行っている身なので、これを続けていきたいと思いました。

あなたはどうでしょうか?

少しずつ理解を深め、自由を手に入れるために検討してみてください。

それでは

 

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA