書評

お金の法則について知らないあなたへ お金の哲学 書評

こんにちはザンです。

今回は、お金の哲学をご紹介いたします。

皆さんはお金についてどこまで知っていますか?

そのお金について、じつは法則があることをご存じですか?

意外に当たり前といわれることですが、今回は知らないあなたに贈る本になります。

 

お金の哲学 学校や会社では教えてくれないこと (サンマーク文庫) [ 中島薫 ]

価格:576円
(2020/9/25 22:13時点)
感想(2件)

 

さて、お金の法則になりますが、

お金は人を喜ばせること、幸せを呼ぶ手助けをすると、集まってきます。

これは、私の周りを見ていると物書きで人を感動させたり、何かを伝えようとしている人ならば、ひょっとしたら、良くわかることかもしれません。

その中で、もう一つ、というか法則を確認すると

1、お金のことを忘れること

2、あなたの仕事や商品に対してお金を払ってくれるお客様に感謝すること

3、正しい仕事を一生懸命働いている自分の姿をイメージすること

4、自分が仕事で使っている道具に向かってありがとうということ

5、自分を育ててくれた両親、職場でお世話になっている上司や同僚に感謝をすること

この五つが大事であり、これがお金を手にする最短の法則になるそうです。

これは、ひょっとしたら当たり前だと思われるかもしれません。そんなあなたはきっと、周りから慕われる人であるのでしょう。

また、お金に対しても求める分だけ手元にあるのでしょう。

ただ、もし、これがわからないあなたは、ぜひ、この本を読んでください。

この意味が分かると思います。

作者紹介

中島薫さん、この方はGood-by morningを作曲され、第7回世界歌謡祭でグランプリを受賞したすごい方です。

簡単な本の紹介

この本は4章で構成されています。

第一章 お金に学ぶ

第二章 お金に目覚める

第三章 お金に向き合う

第四章 お金に親しむ

で構成されています。

この本では幸せなお金づくりの参考にしてほしいと始まるお金を学ぶための本になります。

書評

この本はこんな話から始まります。昔保険のCMで

「よ~~く考えよう、お金は大事だよ~」というCMがありました。

これは大分昔でひょっとしたら10年以上前のCMかもしれません。当時このCMはあまりに有名であり、お金は大事であることを当たり前に問いかけていたのですが、

その中で、はて、お金とは何だろうか、意外によくしらないなという話から始まります。

私としては、いきなり非常に懐かしい歌から始まる本であり、一気に引き込まれました。

この本で誤解を与えたくないことは、お金が集まる法則ではなくて、お金の哲学ともいうべき考えやある種、真理に触れることで、本質に近づいてほしいということです。

特に面白いのと思ったのが、第一章のお金に学ぶという章の中で、物語のあるお金を手にすると書かれた話が出てきます。

ここでこう書かれるのです。お金がいくらはいったかではなく、それがどのような形でその人のところに入ってきたかということのほうが大事なことであるとあります。

この本の例によれば、ある日、友人にあいにくと机の上に大量のお金があり、友人はこういうそうです。宝くじがあたり、お金が1億手に入ったといわれたそうです。

ただ、作者はこれをみて、こう感じるそうです。たまたまだと

そのことに驚くかもしれないが、その人間を尊敬することもなく、たまたま手に入ったにすぎないと

そうではなくて、その人がいくら持っているのかではなくて、どうやってそのお金にたどり着いたか、問題はどうやってお金を手にしたのか、その一連の流れに着目するべきであると考えるべきだと

それはお金の物語に着目することであり、裏を返せば、お金が今なくなってもその人はまた、お金を生むあるいはたどり着く手段を知っていると考えられること

だから、その人のお金の物語が大事であると書かれていました。

私もブログではありますが、物書きの端くれの端くれとして非常に考えさせられる内容でした。

この内容一つとっても、当たり前かもしれませんが、作者独自の言い回しは実に面白く、考えさせられる内容です。

 

まとめ

望む収入を得ようと思うなら、まずは自分のお金の哲学を持ちなさいと

最後に書かれています。これも実に大事なことだと思います。

まずは簡単なことですが、人を喜ばせること、困っていることを解決する手助けをすること、幸せになることを手助けすること、人を笑顔にさせること、

こんなことでも十分に大事なことです。お金を、収入を欲しいからと考えると問題かもしれません。ですが、逆にお金でも収入でもなく、人を喜ばせることに取り組めば、存外近道にだとりつくかもしれません。

私もお金について学んでいる中で、非常に勉強になりました。

何を達成しようとする中で、この考えはおかねだけでなく、当たり前だけども、やはり大事なことだと感じられることが非常に多く載っていました。

まだ、お金について知らないあなたにぜひおすすめの一冊です。

ために手に取って、お金の法則にたどり着いてみてください。

それではノシ

 

お金の哲学 学校や会社では教えてくれないこと (サンマーク文庫) [ 中島薫 ]

価格:576円
(2020/9/25 22:13時点)
感想(2件)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちは

 

 

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA