書評

食べる投資? 健康になる? 食べる投資ハーバード大学が教える世界最高の食事術

今回は「食べる投資ハーバードが教える世界最高の食事術」をご紹介致します。

あなたはこんなことがありませんか?

ストレスが溜まっている

集中力が続かない

日々の生活のパフォーマンスと生産性を最大化する健康状態を手に入れる食事術をこの本が教えてくれます。

作者紹介

満尾 正

満尾クリニック 院長

ハーバード大学外科栄養代謝教室研究員、在籍・研究歴あり

現在は内科的アンチエイジング治療の専門医としての側面もあり、専門クリニックとして経営をする傍ら、出来るだけ医薬品に頼ることなく、健康な日々を送っていただく、積極的な予防医療を行うことをテーマに仕事をされている、すごい方

本の概要

この本から4つ紹介をさせていただきます。

1、ココナッツオイルはダイエットに最適

あなたはココナッツオイルで知ってますか?

どうもダイエットをする方たちには有名ものらしいのですが、

このココナッツオイルの60%の成分が中鎖脂肪酸という物質で、腸から吸収され、血液を経由して、肝臓に行き、ケトン体へ変化します。

このケトン体にはメリットが2つあり

1、ケトン体が体脂肪を燃焼しやすくする手助けをしてくれます。

ケトン体を使ったケトジェニックダイエットはご存じですか?

炭水化物を減らし、タンパク質と上質な脂質をとると

体は普段使っている糖質から、炭水化物を減らし糖質を減らすと、ケトン体を代わりのエネルギーとして使って活動しようとします。ここで、さらにココナッツオイルを摂取するとココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が体脂肪からケトン体を作る働きを活性化してくれるため、体脂肪を燃焼しやすくなり痩せやすくなるのだそうです。

このダイエットはボディビルをやっている方が試すダイエットのようで、新しいダイエットをはじめたい方にはお勧めの手段です。

2、脳細胞を活性化してくれます。

肝臓で作られたケトン体は脳細胞へ運ばれます。そうすると脳の神経細胞のエネルギーになります。

ダイエット中に糖質が足らないとボーっとしてしまうことがあるのですが、

このケトン体があることで、それを防ぐことができます。

朝のコーヒーにスプーン一杯のココナッツオイルを飲むことで、脳を活性化させることができます。

ただ、気を付けてください。

このココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は接種しすぎるとおなかを下す原因になりますので、くれぐれも摂取しすぎないようにしましょう。

 

 

2、納豆でアンチエイジング

毎日1パックの納豆を食べてみましょう。その効果は2つあります。

1、炎症予防とアンチエイジング

あなたは、少しでも若くいたくはありませんか?

納豆に含まれるスペルミンというタンパク質の一種は細胞を活性化させることができるそうです。そして体内の炎症をふさぐことができます。

細胞の活性化とは古い細胞をなくし、新しい細胞に切り替えていくことで老化防止をすることができます。

また、体内の炎症を防ぐとは細胞が傷つくことで起こる現象を予防してくれるので、炎症による問題、歯周病や関節炎、動脈硬化、ひいてはガンなども予防することに役立つのだそうです。

2、納豆で感染症予防

これはo-157のような食中毒を抑えることすらできるそうです。

納豆菌は最強の増殖力を誇り、腸内に入ると悪玉菌の増殖を防いでくれるのです。

 

ぜひ、納豆を食べる習慣をつけてみましょう。

 

3、食物繊維でメンタルを強化

あなたは腸内環境を整えることが、メンタルヘルスに効果的だということをご存じでしょうか?

実は脳内の神経物質のうち、その40種が腸内で作られており、それゆえに腸は第2の脳とも言われています。

実際に精神を安定させる効果が確認されつつあり、幸せホルモンのセロトニンはその80~95%が腸内細菌から作られているそうです。

下痢や便秘は腸内の以上だけでなく、精神の安定を書くことにもつながっているそうで、過敏性腸症候群の方は、不安やうつの症状があるともいわれているそうです。

それでは、この腸内環境をどうやって整えるのかは大変重要ですよね

それは、食物繊維をとることが大事なのです。

1日に摂取したい目安は20g程度です。

食物繊維は野菜や海藻類きのこに豊富に含まれておりますが、

ホウレンソウやキャベツなどは糖質も少なくお勧めです。

ただ、サツマイモやジャガイモは糖質が多いので気を付けてください。

 

4、タンパク質は大事 魚から摂取をしていこう

タンパク質を何から、摂取するかは非常に大事です。

この本によると肉、魚、卵、豆などからバランスよく摂取をしようと書かれています。

とくに魚介類はオメガ3系のDHAやEPAは、上の章でも話をした、慢性的な炎症を抑制する働きがこの物質にもあるようです。

一方で、肉だけから、タンパク質を摂取し続けてしまうと、アラキドン酸という炎症を促す物質をとりすぎてしまい、炎症が促進されてしまうそうです。

あくまで理想ですがサバや鮭などの魚からタンパク質を摂取できるとよいですね。

 

 

まとめ

ココナッツオイルはダイエットに効果的である。

納豆を食べて、アンチエイジングしていきましょう。

食物繊維で腸内環境を安定させメンタルヘルスを整えましょう。

タンパク質は魚から摂取して、オメガ3系の力を借りて、体内の炎症を抑えましょう。

それでは、あなたも一緒に食べる投資を実践していきましょうノシ

 

 

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA