書評

面倒、大変、つらい マンガでわかる「めんどくさい」がなくなる本 書評

今回は「マンガでわかる「めんどくさい」がなくなる本」をご紹介致します。

あなたは、めんどくさいと思った経験はありませんか?

やる気がでない、まじ面倒~とか思ったことはありませんか?

この本ではそれをなくす方法を教えてくれる本になります。

 

結論は考えることをやめることになります。

考えすぎることで、思考が堂々巡りをし、やる気がなくなり、めんどくさくなる。この流れに陥るというのが典型的な方になります。

そのため、考えることをやめ、とりあえずやってみるが実はめんどくさいを避ける手段の一つになります。

作者紹介

鶴田豊和

世界一の情熱発見ツールと呼ばれるパッションテストの日本初の指導者。
行動心理コンサルタントして、【誰もが無理なく、自然体で結果を出せる】行動心理メソッド:エッセンシャルコードの講演を国内・海外で行うなど、活躍の場は多岐にわたる。

書評

この本の中から2つポイントを出して、ご紹介致します。

1、行動がめんどくさい

1つ目は行動がめんどくさいです。

この行動がめんどくさいの解消法からお話をしていきます。

行動の阻害要因となるのは大きく2つ

義務感と色々考えることです。

この2つがその要因です。

たとえば、朝ランニングをしようとするとしたときに

仮に朝起きられたとしても

眠いなあ、走らなきゃなあ。これが義務によるめんどくさい

さらに外は寒い、今頑張ると日中の仕事に支障がでるなどあれこれ考えだす、これが考えすぎによるめんどくさいです。

そして、挫折していきます。

これを避けるためにどうするか

1、義務感と思わないこと

これは、実は簡単に避けられます。目標を明確に持つことです。

たとえば、朝のランニングの例ならば、痩せるため、〇〇Kg体重を落とすためなどのことを考え、義務感で無くすことが一番の早道です。

2、仮に思い始めても、色々と考えない

これは簡単です。考える前にとにかく行動することです。

最初の一歩を動き始めてしまえば、自然と解決するものだそうです。

これは実践してみるとわかるのですが、最初の一歩、簡単な一歩を始めることで自然とやり始めます。

2、人間関係がめんどくさい

人間関係がめんどくさいですが、これは少々難しい問題です。

原因を整理すると、周りに気を使いすぎることが最たる例だと思います。

また、あらゆる意味で攻撃をされることでしょうか

大雑把になりますが、この2つの要素が特に大きいのではと思います。

これの対処はいかが結局一番です。

1、環境を変える

そもそも、上の場合であれば、相手を変えるのが一番ですが、

それは無理だと思います。

そのため、相手と離れること、付き合いを疎遠にしていくこと

また、極論ですが、働く環境を変えるなどが手段になります。

2、自分を変える

ただ、先の働く環境を変えるように転職、あるいは転校などの措置をとれないことも多くあると思います。

その際には自分を変えるという手段がじつは早道です。よく言う当たり前のことと思うかもしれませんが、それだけ、実は早道であり、正道ということだと思われます。

そもそもの話ですが、相手を変えるのは無理だと思います。

そのためにその障害になる相手から離れるのが一番なのですが、

この話ではそれができないこれが前提条件になります。

 

自分を変えるために大切な考えがあります。

それは自分も相手も悪くないこれが大切な考えになります。

これもまた、極論ですが、

自分のルールと相手のルールが違うことにより、意見の相違がでること

自分のルール外の行動をとられているため、それを自分が嫌う要因になっていると考えます。

そもそも、相手だけに問題があれば、その人は排除されているはずです。排除されずにそこにいることは、相手を問題ないと思う人がいることであり、要因は相手だけでなく、自分にもあると考えるべきです。

相手を嫌う理由とは、案外、簡単な理由で、自分が暗黙で守っているルールを破っていることが原因だったりするものです。

仕事でいえば、このタイミングで挨拶をするべき、この行動をするときは、この準備をすること、など、暗黙のルールを破られていることが往々にしてあるようです。

ということは、相手との違いを認識することで、自分を変えることへつなげるというのが、今回の自分を変えるです。

そもそも、先ほどの暗黙のルールですが、自分の常識は世間の非常識という言葉があるように、自分のルールや常識を相手におしつけるのはそもそも論外だと思いませんか?

たとえば、飲み会一つとっても、上司との飲み会がめんどくさいのは、上司のルールを押し付けられるからだと考えられないでしょうか?そして、自分が後輩や部下にそれをしていませんか?

このような違いに気づくこと、そして自分のルールを自覚することで、ルールを変えること、考えを変えることが、自分を変えることにつながります。

 

まとめ

人間関係のめんどくさいを変えるためには

ありのままの自分を受けて入れてくれる環境に移動をすること

もう一つは

自分の暗黙のルールを知ること、そして考えをかえることがその秘訣になります。

あくまでも、めんどくさいをなくす一例ではありますが、

あなたにも思い当たる点や納得の手段があったのではないかと思います。

この本では、このこと以外にも様々な手段がのっていますので、

ぜひ手に取って読んでみてほしいです。

めんどくさいに悩んでいるあなたが少しでも解消されることを

ここから応援しております。

それではノシ

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA