メルカリ

華麗に断ろう メルカリの豆知識 値下げ交渉編

今回は、メルカリの豆知識 値下げ交渉についてご紹介いたします。

今回の記事では、値下げ交渉などで苦労している方に断り方をご説明するために

作成した記事になります。

メルカリでも売れてきたけども

面倒な交渉が増えてきた

ただ無下にも断りたくない

そんなあなたに交渉の一手をご紹介いたします。

 

 

ちなみに、別の記事でも、情報をご紹介しています。

メルカリの豆知識 ちょっとした工夫編 その1 メルカリ 方法 商品名 説明文今回は、メルカリの豆知識 ちょっとした工夫編をご紹介いたします。 この記事は売る為のちょっとした工夫をまとめた記事になりま...

 

さらに、今回の記事とは別に過去の

売るためのテクニックの一部をまとめたのが以下の記事になります。

意外に役に立つ? メルカリの豆知識 閲覧数編 売るためにどんな工夫をするべきかを確認しましょう。今回はメルカリの閲覧数について、お話をしたいと思います。 皆さんは売れないことで悩んだことはありませんか? そんなあ...
売れない理由に関してはこちらです。

なぜ売れない!! 同じ商品が自分だけ売れない理由 メルカリ 方法 勘違い 誤解今回は同じ商品なのに自分だけが売れない理由について、お話をしたいと思います。 メルカリなどで出品していて思ったことはありま...
この記事を読む前にこちらの記事も目を通していただけると幸いです。

私の簡単な紹介

自分の紹介をして恐縮ですが、

上記は私のアカウントですが、
メルカリでの取引で750の実績があります。

大きな数値ではありませんが、ある程度は経験してきたつもりです。

その視点で少しでもあなたに情報を提供できればと考え、記事を書いております。

また、私が初心者の時に苦労したことを、メルカリを始める人へという形で記事にしています。初めての方は参考にしていただけたら幸いです。

メルカリ初心者のあなたに贈る メルカリのはじめ方 メルカリ 初心者 やり方こんにちはザンです。 今回はメルカリ初心者の方に取引回数を伸ばす方法についてのご紹介になります。 ただ、今回は初心者の方への始め...

メルカリの豆知識 断り方

今回の記事では、

面倒な値下げ交渉の中で、華麗に断る為にやってはいけない断り方をご紹介して、よりよく、あしらう手段をご紹介するための手がかりをご紹介する記事になります。

断り方で気をつけなければいけないこと

断る前の前提の話になりますが、

無難な対応をして、買ってもらえるような交渉をすることがベストです。

ただ、気を付けなければいけないことがあります。

それが見られていることを意識することです。実は、コメントでの交渉のやり取りは意外と多くの人が確認をしています。

過去の履歴を消さない方はそれが、ある意味一生残るといっても過言ではありません。

迂闊な断り方をすることは、自分の足を引っ張ることにつながりますので、気を付けてください。

やってはいけない断り方

賛否両論あると思いますが、私の経験も踏まえ考えると

コメント自体をスルーすること

回答をせず、コメントを削除すること

値引きできませんとそっけなくコメントをすること

これは、避けた方が良いと思います。

もう少し解説をしたいと思います。

1、コメント自体をスルーすること

相手から聞かれて、無視をすること

気持ちはわかると思いますし、

場合によっては、私も過去の記事でスルーをすることを書いたこともありますが、

基本的にはコメントを放置することは危険です。

後々の話ですが、コメントがついて、交渉中と勘違いされて売れないケースやコメントスルーをして、日数がたち、メルカリを見ない人間と思われ、チャンスを逃す可能性があります。

コメントスルーは意外にのちの危険を呼ぶ可能性があります。

気を付けてください。

 

2、回答をせずにコメント削除をすること

こちらは値引きしないと色々と明記している中で、値下げの交渉がきたら、無言で消すということをしてしまう気持ちはわかりますが、これも実は危険です。

あなたが出品しているものが良いものであると、イイねがついていると思います。

その人たちからは、削除の流れが見えてしまいます。

場合のよってはですが、その流れから、あなたに対して悪印象を持つかもしれません。

やりとりをしらない第3者がそのやり取りをみてどう感じるかは不明です。

場合によっては、商品の欠陥を指摘する内容を削除して隠蔽しているということまで勘違いされるかもしれません。

ネガティブにとらわれ、あなたの作ってきた良いイメージが崩れる可能性があるかもしれません。気を付けてください。

3、値引きできませんとそっけなくコメントを返す

これは、実は悪くはありません。

相手が善意で確認している可能性のある人にそっけない対応をすると

交渉している悪印象を与えるかもしれません。

前の文書で書きましたが、当事者同士であれば、問題ありませんが、

第三者に見られている可能性のあるメルカリのシステムではこれはリスクでしかありません。

返答一つであなたの印象はよく変わります。

損しないようにふるまったほうがよろしいかと思います。

まとめ

もし、メルカリでこんな対応をしているとしたら勿体ないです。

上でも書いていますが、あくまでも第三者が見てますし、

メルカリをもし、長く続けるツールにするつもりがあるのであれば、余計です。

これがいいわけではありませんが、

回答も

○○様

申し訳ありません。

ご期待に沿えません。

ご勘弁ください

などのへりくだった対応にしか見えないと思いますが、ある程度相手に尊重して、言葉を選び交渉をしたほうがよろしいと思います。

遺憾ながら、投げた言葉のブーメランは自分に返ってきます。

ぜひ気を付けてください。

この断り方がベストではないと思います。

ただ、断る方法をしって、迂闊なコメントの対応を避けましょう。

そして、自分なりの断り方や売り方を交渉して

売上につなげられるようにしていきましょう。

 

また、別の話かもしれませんが、

値下げ交渉の一つのやり方も下の記事で紹介しています。

参考にしていただけたら、幸いです。

値下げ交渉はこの一言を!!損して得取れ メルカリ 値下げ交渉今回は、メルカリの値下げ交渉についてご紹介いたします。 今回の記事では、 メルカリを始めて順調に売れてはいますが、...

それでは

 

 

 


 

 

&nbsp

;



 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA