書評

成功 目標 自己啓発本 ベストセラー ジェームズ・アレン 「原因」と「結果」の法則 書評

今回は「原因」と「結果」の法則をご紹介いたします。

仕事に悩んだら、

人生に悩んだら

人間関係に悩んだら

そして

おすすめの自己啓発本は何ですか?

と聞かれたら、この本がおすすめです。

 

この本では原理原則を解き、問題解決について教えてくれる本です。

うかつな本を読むよりも、まずこの本を手に取っていただきたいです。

また、この本と同時に行動経済学の本もおすすめさせてください。

行動経済学 ベストセラー 予想どおりに不合理 行動経済学が明かすあなたがそれを選ぶわけ 書評今回は「予想どおりに不合理 行動経済学が明かすあなたがそれを選ぶわけ」をご紹介いたします。 マニュアル通りにやっているのに...

 

作者紹介

ジェームズ・アレン 氏

イギリスの作家。

自己啓発書と詩によって知られる方

今回の作品はこの方の名著の一冊

本の内容

デール・カーネギー、オグ・マンディーノなど、現代成功哲学の祖たちが、もっとも影響を受けた伝説のバイブル『AS A MAN THINKETH』。

聖書に次いで一世紀以上ものあいだ多くの人々に読まれつづけている、驚異的な超ロング・ベストセラー、初の完訳した作品

「私たちの人生は、ある確かな法則にしたがって創られています。私たちがどんな策略をもちいようと、その法則を変えることはできません。『原因と結果の法則』は、目に見える物質の世界においても、目に見えない心の世界においても、つねに絶対であり、ゆらぐことがないのです」

上記は本文より引用している一説です。

あなたにこの法則を知ってもらい、あなたの人生を豊かにするための戦略に使ってほしい一冊になります。

書評

この本は実は1902年に書かれた本ですが、いまだに多くの方に支持をされている本です。

一説によれば、現代成功哲学の祖、ナポレオン・ヒル、デール・カーネギーなどの著名なかたに大きな影響を与えたといわれている本になります。

この本のポイント5つだけ紹介させていただきます。

1、わたしたちの人生は原因と結果の法則に基づいて創られている。

まずは、この本で言われる

原因と結果の法則とは何かから説明いたします。

これは、心の中の思いが私たちを創っている。私たちは自分の思いによって創りあげられている。

自分自身の思い方によって、自分をすばらしい人間に創りあげることもできれば、破壊してしまうこともできる。

これは、変えることができない絶対的な法則!!とのことです。

 

極論ですが、心の底から、失敗するかもしれないと思っている人はなぜか失敗を繰り返します。

成功できると信じている人は成功を繰り返します。

これは思いという原因によって結果が作られたからです。

私たちは、この思い方次第で環境や運命を変えられる

というのが、この法則です。

2、原因と結果の仕組みは思い方から

思いということが現実を創っている

ではこれはどういうことなのか?

作者はこう語ります。

心の中に蒔かれた思いという種のすべてが、それ自身と同種のものを生み出します。それは行いとして花開き、やがて、環境という実を結ぶことになります。

外側の世界である環境は、心という内側の世界に合わせて形作られる

良い思いの種は、良い実を結び、悪い思いの種は、悪い実を結ぶ!

人も時間も場所も選ばず、これは発言するある意味恐ろしい法則です。

この本では極論ですが、こんなことが書かれています。

突然起こる身の不幸、例えば、極度に貧しい生活や何かというものは

彼らの心の中にある思いが不順であったり、利己的な願望であったりするのが原因であると・・・

このことから、環境から人は作られないということがうかがうことができます。

良い結果を得るためには

良い思い方に変え、良い人格をつくり、良い環境の設計者となることで、良い環境をつくることができる。

とのことです。

3、成功するには、犠牲が伴う

世の中にある成功本の元祖ともいうべきこの本では

成功について語られるべき

そこで、この本では成功についてこう書かれます。

自分の欲望のかなりの部分を犠牲にしなくてはならない

とのことです。

なぜなら、身勝手な欲望によって、自分の心を正しくコントロールできなければ、大きな影響力を持ち、重要な責任を果たすことができる地位にはつけない

自らの欲望を優先する人間は成功することができない

成功するには、強い決意で自分の欲望を抑え、計画の上で、

いかに心を保てるかに、懸かっています。

大企業の社長になりたい人がいたとします。

その人が自分のために、例えばお金が欲しい、良い暮らしを自分がしたいなど自分本位に考えてしまうと、その会社は顧客のことを考えず、利益ばかりを追求する会社になる。

お客様を大事にしない会社に生き残れるわけはない

4、目標達成に必要なのは信念

成功を目指すうえで、絶対的にやらなければならないことはなんでしょうか?

これは目標達成です。

成功するためには、それに付随する目標を立て、それをクリアしていく必要があります。

人間を目標に向かわせるパワーは自分はそれを達成できると思える信念から生まれます。

 

例えば、プロジェクトを成功させたい人がいるとします。

この人が、邪魔をされるのではないか?などと考えているうちは

きっと成功しないでしょう。

絶対に成功させるという強い信念のもとに行動し、邪魔するものをものともしない、あるいは邪魔されることすら想定して、信念のもとに行動する人のほうが当たり前ですが、成功するはずですよね。

自分はできるという信念が自分を成功に導きます。

自分の思いが、目標と自分はできるという勇敢さに結び付いたとき、創造のパワーが発揮されます。この2つがあれば、欲望や感情に流されることなく、実行に移していくことができる。

5、穏やかになると成功できる

ここまでポイントを押さえてきたからに最後に伝えたいのが、

原因と結果の法則のその先の話です。

作者は言います。

原因と結果の法則を知ると、最終的に穏やかになる。

自分が思いによって、創られた存在であることを理解できると、あらゆる現象を正しく眺められるようになるから

不平不満、怒り、嘆きをいうのではなく、

落ち着き、安定、やさしさを実現できるようになり、穏やかになっていきます。

さらに穏やかになると、自分自身を正しくコントロールできるようになり、自分自身を相手や環境に順応できるようになるそうです。

このような人であれば、成功や影響力をもつことができると作者は語っています。

自己コントロールを強さ、正しい思いは訓練技能、穏やかさはパワーと現わしており、すべて自分自身で身につけることができる

と作者は教えてくれます。

まとめ

まずは、どんなことにも必ず原因と結果があること、この法則が働いていることを理解しましょう。

次に、あなたの思いが現実を創っていることを自覚しましょう。

また、成功するためには、欲望を犠牲にする、抑えること、そして自分が持っているものをささげて成功になることを理解しましょう。

そして、信念を持ち、目標を立て、それを達成することが大事であることを理解しましょう。

最後に、心を、人格をコントロールし、穏やかさを手に入れ、成功する人になりましょう。

これが、本書のまとめであると私は思います。

この習得は難しいと思います。

ただ、知っているのと知らないとでは、生き方と行動が大きく変わります。

これを知れたあなたは、きっと成功します。

それではノシ

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA