書評

お金持ちの習慣 年収1億円の人のすごい習慣 書評

今回は年収1億円の人のすごい習慣をご紹介いたします。

お金がなくて、悩んでいるあなたに読んでほしいのがこの本です。

お金持ちの習慣を真似しつつ

お金持ちが絶対にやっていない習慣を排除して、

お金持ちに近づいていきましょう。

 

投資のおすすめ やり方 お金は寝かせて増やしなさい 書評今回は「お金は寝かせて増やしなさい」をご紹介致します。 投資をはじめたいけれどどうすればよいのか? どの銘柄を選べば...

 

作者紹介

金川 顕教 氏

公認会計士、YouTube図書館、作家、経営コンサルタント、出版プロデューサー、投資家。

非常に多彩な方で、経歴も非常に豊富な方です。

この本の簡単な紹介

年収300万円の人、1000万円の人、1億円の人は何が違うのか――。

スマホ1台で年に1億円以上稼ぐ人が「時間」と「お金」を生み出す秘密とは――?

若きカリスマ経営者が実践する「成功する人」のルールを公開します。 マインドと行動を変えれば、年収とライフスタイルが変わる。 5000人以上のビジネスを成功に導いた、どこよりもわかりやすいマインドセットの解説書です。 金川顕教の「年収300万円、1000万円、1億円シリーズ」。

年収1億円稼ぐ人の思考法とライフスタイルの全てがここにあります!

ちなみにこの本はこのシリーズの第2弾になります。

〇書評 お金持ちの習慣

この本のポイントは主観が入っているかもしれませんが

以下の5つになると思います。

1、年収1億円の人の思考は、

「やりたいことをやる」

年収によって、人の思考には差がおおきくあります。

年収300万円の人の思考は→MUST思考 やらなければない

年収1000万円の人の思考は→CAN思考 できることをやる

年収1億円の人の思考は→WANT思考 やりたいことをやる

 

作者が昔、お金がなかったころ、仕事に追われていたのだそうです。

その時に仕事ばかりでなく、自分の人生を生きようと考え方を変えたと著作にはありました。

作者は現在では本業でお金を稼げているため、好きなこと本を書くことを行っているそうです。

これがWANT思考だそうです。

 

2、年収1億円の人の仕事は

「遊び」

年収1億円の人の仕事は遊びなんだそうです。

遊びというと問題かもしれませんが、どうもこの考え方がある意味非常に大事な考えだそうです。

お金持ちというのは仕事とプライベートの境界がないそうです。

年収300万円の人は生活のために

年収1000万円の人は家族のために

仕事をしています。

両社とも生活のために仕事をしているというところは共通しています。

目的=生活です。

 

お金持ちは仕事は遊びでプライベートの境界線がありません。

著者は年収1億円あるので、働かなくていいので、仕事をしなくてよいのですが、作者はつい仕事をしています。

 

 

3、年収1億円の人のライフスタイルは

「好きなだけ寝る」

お金持ちのイメージは寝てないイメージは忙しいゆえに寝てないと思いませんか

実はお金持ちほどよく寝ています。

作者は自分のコンディションを大事にしているそうです。

寝ることで、より大きなパフォーマンスを発揮できるようにしているそうです。

 

ちなみに

年収300万円の人はお金の少なさ、明日への不安から寝つきが悪く

年収1000万円の人は忙しいゆえに寝ていないのだそうです。

年収1億円の人はサラリーマンではないので、いつでも寝れる環境があるそうです。

そのため、睡眠時間の確保は容易であり、寝たいときに寝ることができパフォーマンスを高く発揮することができます。

そのため、お金持ちほどよく寝ているといえるのです。

4、年収1億円の人の人間関係は

「与える」

成功に必要なものとして、人脈があります。

お金持ちは与えることを人脈の軸として置いているのだそうです。

年収300万円の人はTAKE & TAKEでもらうことしか考えていない

年収1000万円の人はGIVE & TAKEでまず自分が与え、相手からもらう

年収1億円の人はGIVE & GIVEで与えることしかしないのだそうです。

作者いわく、後継者のために、様々なものを提供していたそうなので、そのために色々な人に慕われ、結果良い人脈に恵まれたそうです。

無私、無欲で相手に与えることで、相手は真摯にそれを受け取り、それに対して報いようとするそうです。そしてその心もつ相手は大きな恩返しをしてくれるそうです。

5、年収1億円の人のお金のマインドは、

「投資する」

成功するためにはお金の使い方は非常に重要です。

その後の人生のも大きく影響します。

 

お金の使い方は3種類あるらしく

浪費、消費、投資の3つといわれるそうです。

浪費とは10のリターンを得るために30を出すこと

→パチンコやギャンブルなどです。

消費とは10のリターンを得るために10を出すこと

→家や車のローンのことと考えてください。

等価交換ともいえると思います。

では

投資とは、10払って、100を得ることです。

→株や債券など投資を利用してお金を増やすことです。

この考えを覚え、

投資を実行していきましょう。

 

まとめ

この本のポイントを確認してきましょう。

1、ついやってしまう、時間を忘れて取り組めること、好きなことを仕事にしてみましょう。

2、人生がすべて、遊びとなるように夢中になれる環境を作っていきましょう。

3、良質な睡眠が得られるような生活をしていきましょう。

4、与えることから始めましょう。それはかえってこないかもしれません。それでもその人のためになることを少しでいいですから、与えてみましょう。

5、投資を始めてみましょう。小さなことでいいですし、証券口座を開くだけでもいいと思います。きっと経済観念やニュースの見え方が大きく変わると思います。

 

今回、この本を読んで非常に面白く、勉強になる内容でした。

私の偏見というか主観がはいった内容で申し訳ありませんが、

この本を読んで鵜呑みにするのではなくて、考えて、自分ができること、

理解できたことを少しずつ実行するのが良いと思います。

ふと、まわりを見れば、これを実行している人がいると思います。

あなたも、できることを少しずつはじめ、実行し、お金持ちの習慣の理解と実践を行っていきましょう。

それでは

 

ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA