メルカリ

メルカリ初心者のあなたへ 本の出品の際に気を付けてほしいこと

今回は「メルカリ初心者のあなたへ 本の出品の際に気を付けてほしいこと」についてお話をしたいと思います。

今回は、本の出品の際に、気を付けていただきたいことを

初心者の方に向けてお話をしたいと思います。

結論ですが、付属物、書き込み、汚れ、日焼け、梱包

このあたりを気を付けて出品するようにしましょう。

 

さて、

本記事の前にご一読いただけると幸いです。

受け取り評価をしない人の心理 メルカリ なぜ、すぐ受け取り評価をしてくれないのか その2今回は、受け取り評価をしない人の心理について、お話をしたいと思います。 メルカリをやっていてこんなことはありませんか? ...

 

ちなみに、初心者の方に送る記事も書いております。ご一読いただけると幸いです。

メルカリ初心者のあなたに贈る メルカリのはじめ方 メルカリ 初心者 やり方こんにちはザンです。 今回はメルカリ初心者の方に取引回数を伸ばす方法についてのご紹介になります。 ただ、今回は初心者の方への始め...

ちなみに失敗する話はこちらです。

気を付けて 初心者が失敗すること メルカリの豆知識 売り方編今回はメルカリの豆知識 売り方編 初心者がしっぱいすることについてご紹介をいたします。 今回の記事は初心者の方に読んでもら...

私の実績は微小ですが、過去の記事に書いてあります。

・・・なんの参考にもなりませんが、ご覧いただけると

それはそれで幸いです。

 

そして、私なりにメルカリでやっていくためにどうするかをまとめた記事がこちらになります。

メルカリで売る秘訣・テクニックをまとめました。今回は、メルカリで売る秘訣、テクニックをまとめました。 あなたは、こんなことがありませんか メルカリで何でも...

ご一読いただければ幸いです。

それでは、以下本題です。

初心者は本を売ることから始めましょう。

メルカリをもし始めたばかりの方には、ぜひとも、本の出品から始めることをお勧めさせてください。

個人的に、不用品をメルカリで処分したいと相談を受けたとき、身の回りの処分から、できれば本からスタートさせましょう、とお伝えしております。

メルカリの場合は、本はバーコードを読み取るだけで商品の概要が自動で紹介文に入る「バーコード出品」があり便利です。また、他の商品に比べると梱包も比較的簡単です。

とはいえ、油断するとうっかりミスをしてしまい、トラブルのタネになってしまうことも。ここでは、メルカリに本を出品するときにやってはいけないことを紹介していきます。

メルカリに本を出品するときに確認しておきたいチェックポイント

メルカリに本を出品するときに、必ずチェックしておきたいポイントがあります。怠ってしまうとトラブルの原因になる可能性があるので、出品前には必ず以下のポイントをチェックしておきましょう。

1、本に書き込みがないかチェック

本に書き込みがないか参考書や問題集などは、使っているときには売ることを考えていないこともあり、直接書き込みをしてしまうことも少なくありません。それは仕方がないことなので、メルカリに出品するときには商品説明に書き込みがあることをしっかりと書いておきます。

人によっては、本を買う時点で「売ること」を考えていることもあります。でも気をつけていても、うっかりと書き込みをしてしまうこともあるでしょう。その書き込みを見逃してしまい、商品説明に「書き込みはありません」と書いてしまうと大変です。書き込みを見つけた購入者からクレームがくる可能性があります。

自分では書き込みをしていないと思っていても、出品前には念の為確認をしましょう。また念には念を入れて商品説明には「出品前に書き込みの確認をしていますが、もしかしたら見逃しがあるかもしれません」と一言入れておくと安心です。

ちなみに、書き込みは消しゴムなどで消した方が良いのか?と質問を受けたことがありますが、できれば消した方が良いです(もちろん可能な範囲で)。

でも跡が残ってしまうこともあるので、それに関しては「書き込みは消しゴムで消していますが、跡が残ってしまっている箇所もあります」と書けば問題ありません。

2、もともと付属品があったのかどうか

これも参考書や問題集に多いのですが、例えば英語のリスニングのCDが付いていたり、特別冊子が付いていたりすることもあります。

写真の本の場合には、もともと「英語リスニングテスト用CD」が付いていました。

しかし、現在はありません。切り離し、紛失してしまいました。

このように、使った後時間が経ってしまうと、そのCDなどを無くしてしまうこともあります。見つかれば一緒に出品すれば良いのですが、見つからない場合には「もともとCDは付いていましたがなくしてしまいました」と正直に書いておきましょう。

大切なのは表紙や帯をチェックして、もともと付属品があったのかどうかを確認することです。購入者は表紙などもきちんとチェックするので、そこに付属品があることが書かれていれば、本と一緒に送られてくると思っています。でも実際それらがなかったら、必ずクレームがきます。

トラブルを未然に防ぐためにも、付属品があったのかどうかを確認しましょう。

3、余計なものがくっついていないかチェック

何か挟まっていないか以前本を購入したら、ページの間にレシートが挟まっていたことがありました。出品者がしおり代わりに使っていたのでしょうが、出品する前には何か挟まっていないか確認した方がいいですよね。

また、意外と挟まっているのが髪の毛と消しゴムのカスです。消しゴムのカスは参考書や問題集を買った時に挟まっていることがあります。

1ページずつ開いてチェックしていくのは大変ですが、出品するときには一度本を逆さに持ってパラパラと揺らしてみるとゴミなどが落ちてくることもあります。

 

4、まとめ売りの時は巻数が抜けていないかチェック

歯抜けがないか漫画などをセット売りするときには、必ず揃っているかを確認します。例えば40巻セットで出品する場合には、1巻から40巻まできちんとあるのかをチェックするのです。

実は以前、筆者は100巻ほどのセットで漫画を売ったことがあるのですが、出品して購入されてから1冊だけないことに気づきました。「歯抜け」です。

梱包しているときに気付いて、慌てて買いに行きました。もし気づかないで発送していたら、クレームを受けていたことでしょう。冊数が多くなると見逃してしまうこともあるので、1巻からしっかり数えてチェックです!

梱包は、必ず水濡れ対策

本は紙でできているので、配送時の水濡れには特に注意しなければなりません。雨が降るかもしれない、そう考えてビニール袋を使うのは必須です。でもビニール袋1枚だけでは心許ないので、ビニール袋を二重にしたり、紙袋で包むようにしましょう。

梱包には、ぜひとも上の包材を提案させてください。こちらのの包材、いわゆるクリスタルパックと呼ばれるものは、大きさもA4と、メルカリ便の規定サイズに収まり、かつ、袋を閉じるにあたりテープも最初からついているため、梱包が楽です。そして、当然、水濡れの対策にもなります。こちらにいれて、から封筒に入れるだけで対策ができます。そして、小さなことですが、こんなことで、評価も上がります。1冊約10円の投資になりますが、今後のことを考えてお勧めをさせていただきます。

本を出品する場合、ここで紹介した「チェックポイント」には注意が必要です。1ページずつ確認しても見逃す可能性もありますし、何度も確認するのは手間も時間もかかります。

「中古品なので、チェック漏れがあるかもしれません」と商品説明に書いておきましょう。そうすれば多少チェック漏れがあったとしても、トラブルになりにくくなります。

まとめ

また、もう一つ提案をさせてください。メルカリをやりながら、ある程度高評価を得たら、ブログでの情報発信もおすすめです。意外に集客が見込めるとともに、お小遣い稼ぎができます。さらに、こちらは、無在庫でPCだけあれば、簡単にできます。下にA8のバナーを張っておきますので、参考にしていただければさいわいです。



ABOUT ME
zan
金融や経済について勉強中のサラリーマンです。MTG、ガンダム、ライトノベルが大好きです。ただいま、色々なことを無差別に情報収集、発信中です。投資やメルカリを始めています。現在色々なことに手を出しています。趣味で風景撮影もやっています。皆様よろしくお願いいたします。
写真素材 PIXTA